TOPページ > 二重敬語に注意 
・招待状の返信(出席)
・招待状の返信(欠席)
・お祝いの気持ちを送る
・のし紙の書き方
・結婚式のご祝儀
・どんな服装で行けばいい?

・ヘア・メイク、小物など
・挙式、披露宴、当日の流れ
・披露宴での食事のマナー
・スピーチ、余興を頼まれたら
・結婚式のお呼ばれQ&A

・ご祝儀金額の目安
・ご祝儀袋の書き方
・ご祝儀金額の書き方
・ふくさの包み方

・訃報を聞いたらどうすればいい?
・お通夜でのマナー
・葬式、告別式に出席する
・通夜、葬儀を欠席する
・弔電の送り方
・弔事の金額の目安
・正しい喪の装い

・お中元、お歳暮の金額の目安
・お中元、お歳暮のお礼、お返し
・お中元、お歳暮のお礼状の書き方
・お中元、お歳暮の人気商品
・お中元、お歳暮の由来

・結婚、結納のご祝儀袋の種類
・子供に関するお祝い
・日常のお祝い@(送別、新築)
・日常のお祝いA(開業、当選)
・日常のお祝いB(賀寿)
・日常のお祝いC(贈答、挨拶)
・お見舞い
・葬儀、法要に使う金包

・レストランでのマナー
・レストランで注意したいこと
・ワインの楽しみ方
・レストランで使う用語
・日本食のマナー

・電話の受け方
・電話のかけ方
・携帯電話のマナー
・来客への対応
・応接室の席次
・FAXの送り方
・二重敬語に注意
・会社での叱り方叱られ方
・詫び状の書き方
・Eメールの送り方
・訪問のマナー
・名刺交換のマナー
・会社への報告マナー
・履歴書の書き方
・挨拶のマナー
・外国人へのマナー
・封筒の宛名の書き方
・ビジネス文章
 二重敬語に注意



最近は上手に敬語を使える人が少なくなってきているようです。普段使わない敬語を頑張って使おうとすると、バカ丁寧になりすぎて気づかぬうちに二重敬語になっている事もあります。社会人なら正しい敬語を使えるようになりましょう。


敬語は三種類から成り立っています。
まず「@尊敬語」です。これは人やその人に属する物事などを高めて表現する言い方です。また、能力や地位などが自分より上の人を敬う言い方でもあります。

次に「A謙譲語」です。これは尊敬語とは反対の意味で使います。自分を下位者としてへりくだって人に譲るという意味で使われます。謙遜語。


そしてもう一つが丁寧語です。これは事柄を丁寧に述べて相手に敬意を表す言葉で、例えば「お水」や「行きます」のように「お」や「です」「ます」をつけ丁寧に言い表すことをいいます。

この丁寧語と@の尊敬語はセットで使う事が多いです。Aの謙譲語は自分に対する言葉なので@と一緒に使うとかなりおかしな日本語になるのが分かります。
尊敬語と謙譲語をセットで使う事はまずないと思って良いです。


「おいでになられる」
この言葉を聞いてどう思いましたか?

「おや!?」と思った方は正解です。これは二重敬語になっています。「動詞+れる(なる)」が正しい敬語です。気をつけて使うようにしましょう。


【敬語の用例】
一般語 尊敬語 謙譲語
する される、なさる いたします
行く 行かれる 伺います
参ります
来る お見えになる
いらっしゃる
お越しになる
まいりました
見る ご覧になる 拝見します
聞く お聞きになる うかがう
拝聴する
もらう もらわれる 頂きます
頂戴します
知っている ご存知です 存じております
会う 会われる
お会いになる
お目にかかる


ビジネス敬語(用語)

敬語でもビジネスの場合ではちょっと違った敬語(用語)を使う事が多いようです。社内にいても上司や同僚の目が、社外に出れば取引先や他社の目があります。ここぞという時にきちんとした言葉を使えればきっとイメージアップにつながります。


【良く使うビジネス用語】

・いつもお世話になっております
・少々お待ちください(ませ)
・只今○○致します
・(大変)お待たせ致しました
・〜でございます
・かしこまりました
・〜でございますか(ね)
・お手数ですが〜
・折り返しご連絡いたします
・恐縮でございます
・宜しくお願い致します
・恐縮ですが〜
・失礼ですが〜
・失礼致します(ました)
・〜でよろしいでしょうか
・あいにくですが〜
・申し訳ございません(でした)
・〜してまいります
・席を外しております
・承知いたしました







Copyright(C)マナーの辞典 All rights reserved